コンパウンドのことなら、何でもご相談ください

各種原料・添加剤のコンパウンド・マスターバッチの試作はもとより、小ロットの量産にも秘密厳守で 受託対応させて頂きます。 詳細は、お電話または問い合わせフォームにてお問合せをお願いいたします。

仕様・特徴は以下の通りです。

2軸押出機 TEX30α 仕様・設備特徴

機種名 TEX30α-52.5BW-5V (日本製鋼所製)

スクリュー 同方向パラレル ・ 32mm2軸 ・ L/D 52.5 ・ 耐磨耐腐食仕様
スクリュー種類・・高充填仕様 1組 + 難燃仕様1組 + 予備セグメント
* ほぼ2種類のスクリューで対応可能ですが、必要によりセグメント組換えが可能
モータ容量・・22kW 回転速度・・52~524rpm
ベント 5ベント ( 真空ベント×2基 ・ オープンベント×3 )
真空ベント×2基 ( 水封式1.5kw ・ 370L/min ・ 2×10000PA ・ 150torr )
フィーダ メインフィーダ×2基 サイドフィーダ ×2基
* フィーダは、ペレット・紛体・GFに対応 ( 添加剤の形状によりフィードスクリューを交換 )
液体添加 液添×1基 ( 1~10kg/hr ・ 加温60℃ )
添加位置は手前( シリンダー1 )か真中( シリンダー8 )を選択
吐出量 メインフィーダ ( 6~30kg/hr )で、総吐出量はサイドフィーダ(2~15kg/hr)の吐出加算
条件によっては、それ以上の吐出も可能性はあるが、配合精度(1%以下)を
求めると40kg以下が望ましい。フィラー配合率は80%試作可能。
ヒータ温度 上限450℃ ( 真鍮鋳込みヒータ ) ・ 400℃以下の生産が望ましい
金型 ストランドは φ4×4穴 又は φ3.5×6穴

ペレタイザー FCMiNiPlus-85N/55SEI/N (星プラスチック製)

処理能力 標準 63kg φ3×6本対応
特徴 軟質及び硬質フィラーCPD両方に対応・・2種の刃物の取り替え式
  • フィーダフィーダ
  • TEX30TEX30α
  • ストランドストランド
  • ペレタイザーペレタイザー

山五化成工業(株) コンパウンド試作機仕様比較

PCM30(池貝鉄工) 30mm ベント式 同方向 2軸押出機
L/D 25 3.7KW VSモータ10~100rpm
ダイスφ5×1 φ4×2 シリンダーゾーン 3
PMS40-28V(IKG) 40mm ベント式 1軸押出機
L/D 28 7.5KW インバータモータ 10~100rpm
ダイスφ4×3 シリンダーゾーン 4

トップページ > コンパウンド試作機

弊社へのお問い合せ

827-85-0231 受付時間 / 平日9:00〜17:00 お問い合せは、お電話またはこちらのフォームより承っています。